個人商店の設立と作り方

個人商店を開業するなら...

個人商店を開業するには、個人事業にするか会社にするかで必要になるものが大きく変わってきます。もし大きな資本金や設立にかかわる人員数が大勢でなければ、まずは個人商店として設立しても良いのではないでしょうか。

個人事業主として個人商店を立ち上げるのであれば、税務署に開業届を提出する必要があります。また飲食業などであれば保健所に届け出るなど、扱う内容によって必要な届け出や免許・資格がありますので確認しておきましょう。

屋号入りの銀行口座があると便利です。開業届で屋号を証明する必要がありますので、税務署へ提出する際には同じ内容のものを2部用意しておき一方に控えの印を押してもらって持ち帰りましょう。

それが銀行口座開設の際に屋号など個人商店の証明になります。